努力家たちの集まりである会社

顧客満足度も高い会社

少しの狂いも許さない徹底した検品作業

精密機器はとても細かい部品が組み立てられて出来ています。
その細かい部品一つ一つを丁寧に検品していき、少しでも狂いがあれば徹底的にはじき出しまた作り直します。顧客の手元に渡ってから不具合が出ることがないように、細部にわたってチェックしていくのです。とても気の遠くなるような作業ですが、製品に不備がないように集中して行っています。
そして時間にも正確です。いくら丁寧に検品する必要があっても、納期に間に合わないようでは信用問題につながります。素早く正確に検品することで、製品の不備を無くし、高性能な部品を作り上げていきます。専門知識と技能を持っている社員がこの作業にあたっているので、間違いはないと思います。

顧客の手に渡るまでが仕事として考える

新亜光学工業株式会社は、製品が出来上がったらそれを輸送するのも社員達の手で行っています。
精密機器はとてもデリケートな製品なので、少しの気温差でも狂いが出てきます。輸送中のトラックの室内温度の管理まで徹底しているので、顧客からの信頼も高いのです。梱包作業も一つ一つ丁寧に社員達の手で行われています。
そこまで丁寧に最後まで責任をもって仕事をするという姿勢も、大手メーカーと信頼関係を築くうえで大切なことと言えます。どんなに厳しい検品をして、高性能な製品を作っていても、そういった社員達の行動はあまり表には分かりません。新亜光学工業株式会社の製品が顧客の手に渡るまで、開発から考えるととても多くの優秀な社員達が関わってきています。この最後の輸送工程を失敗してしまっては、これまでの作業が全て無駄になると言っても過言ではありません。だからこそ、最後まで気持ちを緩めず製品と顧客に向き合っていくのだと思います。


TOPへ戻る