努力家たちの集まりである会社

新亜光学工業株式会社の専門と社風

光学機器製造技能士とは

光学機器製造技能士には2級から特級まであります。
1,2級はレンズの研磨作業やカメラなどの組み立て作業などになりますが、特級になると製品の研究開発から原価や品質管理に至るまで、ありとあらゆる専門知識が求められます。
新亜光学工業株式会社では、徹底したマニュアルのもとに社員育成を行っています。研磨作業や組み立て作業に特化した社員もいれば、研究開発に特化している社員もいます。それぞれが独立して集中して作業できる環境づくりを心がけているので、より高性能な製品が日々生み出されているのです。
いくら優れた知識や技術を持っていても、それを活かせる環境が整っていなければその効果は十分に発揮できません。社員一人一人の特性を活かし、適材適所に社員を配置していることも、この会社が成長し続けている理由と言えます。

色々な専門職について考える

細かい職種に分かれると、また色々な資格が存在します。
例えば半導体製品製造技能士ですが、これはエンジニアと呼ばれる人はほぼ所有しています。その名の通り、半導体製品を製造するために必要な資格です。製造だけではなく、開発から手掛けることが大多数であると思われます。これも2級から特級まであり、特級クラスになると作業指導も伴ってきます。非常に責任がある立場になるのでやりがいもまたあることでしょう。
その他には機械検査技能士が挙げられます。これもその名の通り、各部品の検査をするのに必要な資格になります。新亜光学工業株式会社は、検品作業にも専門の社員がいるとのことです。こういった資格を持っている社員がその作業にあたっているのだと思います。


TOPへ戻る