「光」に特化した企業「新亜光学工業株式会社」はどんな会社?

努力家たちの集まりである会社

新亜光学工業株式会社の専門と社風

新亜光学工業株式会社は様々な精密機器を製造していますが、その製造に関わる工程全てに専門的技術と知識を惜しみなく使っています。 常にクオリティーの高い製品を作ることを目指し、改良すべきところは改良するという研究熱心な社風がさらに高性能の精密機器を生み出しているといえます。

顧客満足度も高い会社

新亜光学工業株式会社は、顧客から絶大な信頼を得ています。 それは、製品の精度の高さだけでなく、顧客の手に渡るまでを仕事と考えている徹底した仕事内容が大きな理由かと思います。製品が出来たら後は運送業者に任せるのではなく、運送まで自分たちの手で責任を持って行っています。

製品の研究、開発から製造に至るまで、各専門知識と技術について

新亜光学工業株式会社は、精密機器の中でも特に光学機器を専門とする会社です。
光学機器とは光の性質や作用を活用した機器などのことを指します。例えば、顕微鏡や半導体製造装置、カメラなど色々なものが多くあります。この会社はこれらの製品の研究から開発、製造、生産に至るまで、それぞれの部門ごとに分かれてさらに専門性を高めているそうです。
こういった企業で働くためには、光学機器製造技能士という国家資格が必要とされています。精密機器に関わる全ての仕事において、この資格は必要不可欠なものと言えると思います。
新亜光学工業株式会社は、精密機器業界の常に最先端に存在している会社です。それを支えるものは、海外企業との積極的な交流にあるのではないかと思います。日本の技術もかなり高度なことで世界に知られていますが、やはり視点は広く持っていた方が、より良い製品を生み出せるのではないでしょうか。海外企業に刺激を受け、切磋琢磨しながら常に時代の先をみて研究し続けているのが新亜光学工業株式会社という会社なのです。
この会社は全ての工程において、集中力というものを重視しています。こういった精密機器の製造は、同じところで同じ作業を繰り返し行うので、集中力がないと出来ません。ただ製造するだけではなく、生産性のあるものを作り上げていくことが重要なことなので、集中力を切らせては良いものは作れません。ここに重点を置いていることが、この業界でトップを走り続けられる理由なのかもしれませんね。

ブラウン管から薄型に至るまでの道のり

私が子供の頃は、どの家庭もブラウン管テレビでした。 それがいつからか当たり前のように薄型テレビが並ぶようになりましたが、そこに至るのに大きな貢献をしているのが半導体です。携帯電話からスマホ、コンピューターからパソコン、ノートパソコンと、使い勝手が大分変ってきています。

TOPへ戻る